介護保険の豆知識 care services

介護保険料はこうして支払います

介護保険制度やサービスの利用に関する、意外と知られていない豆知識や、
知っていると便利な情報を連載形式で掲載します。

 

mame01_img介護保険は、 介護の負担を社会全体で支え合う公的保険制度ですので、支え合う公的保険制度ですので、 日本に在住する40歳以上の全ての方に加入の義務があります。

日本に1年以上滞在する外国人の方も、 加入が義務付けられています。
介護保険料と納付方法は、40~64歳と65歳以上の方で異なります。

65歳以上 (第一号被保険者)

前回の号(第9号)でご説明した通り、要介護状態区分は「要介護」は1~5、
「要支援」は1と2があり、この区分は介護の必要度を表しており、
要介護者(要介護1~5)は「介護付給」、要支援者(要支援1と2)は「予防給付」を受給できます。
「要介護(要支援)認定」受けた後、介護・支援の必要性に応じて受けるサービスを組み合わせた
ケアプランを作成します。

■介護保険料
65歳以上の方は、 市区町村が定める介護保険料の所得段階 (市区町村のホームページから閲覧出来ます) に応じた介護保険料を納付します 。
福岡市では、 平成24年度から、12段階の所得段階の区分になりました

■納付方法
地域包括支援センターにケアプランの作成を依頼することができます。
また、要介護の場合と同様に、利用者自身が作成することも可能です。

特別徴収
老齢 (退職) 年金、 遺族年金、 障害年金が年間18万円以上の方は、年金から天引きされます 。

普通徴収
口座振替又は市町村から送付される納付書で、 指定の金融機関から納めます。

・ 老齢 (退職) 年金、 遺族年金、 障害年金が年間18万円未満の方。
・ 老齢福祉年金を受給している方。
・ 年金が差止めや支給停止になっている方、 年金担保の貸し付け金を受けている方。
・ 年度の途中で65歳になった方、 他の市町村から転入された方
(特別徴収が開始されるまで6カ月~1年かかります)


40 歳以上 65 歳未満 (第二号被保険者)

■介護保険料
介護保険料の算定方法は、 加入している医療保険によって異なります

国民健康保険に加入している方
世帯の所得と人数に応じて算定され、 国民健康保険料に上乗せの形で納付します 。

職場の医療保険に加入している方(社会保険 ・ 組合共済など)
その方の給与および賞与と、 加入している医療保険毎に設定されている介護保険料率を基に算定され、 保険料に上乗せの形で給与から天引きされます 。 
収入が同じでも、 職場が加入している健康保険や共済の種類によって介護保険料が変わります 。

■納付方法
加入している国民健康保険、 医療保険の保険料や掛け金に、 介護保険料が上乗せされます。

 

14月号

最新号

  • 媒体資料
  • バックナンバー(各号別)
  • バックナンバー(項目別)
  • 特集
  • 定期購読のお申込み
  • 読者プレゼント
  • トークリレー
  • ACE CMS
  • 介護ビジネストップセミナー
  • 日本住宅介護協会
  • 九州介護協会
  • ひかり法律事務所
  • 口腔ケアチャンネル
ページ最上部へ