介護施設の基礎知識 Care facility

basic_img「通う」・「泊まる」・「住む」と、
介護保険を利用することができる施設には
様々な形態があります。

これから介護施設の利用を検討している方は、
施設の特徴や、どのようなサービスが受けられるかを
事前に理解しておくと施設見学がスムーズです。

自宅から施設に通う

デイサービスとデイケア在宅で介護を受けている高齢の方に、健康チェック・食事・入浴等の生活上の世話、機能訓練・レクリエーション等を提供する日帰りの施設です。
自宅の玄関前までの送迎があるので、負担なく利用することができます。
利用者が様々な世代の人と交流することで新しい楽しみを持つ、家族の介護の負担を軽減する等、多くの利点があります。

◎デイサービス(通所介護事業所)

以前は入浴・排泄の介助等、日常生活の支援とレクリエーションがサービス内容の中心とされていましたが、体力作りやリラクゼーションに特化された施設や、認知症の方を対象とした施設(認知症対応型通所介護)も増え、特色のある施設が増えてきました。
 

◎デイケア(通所リハビリテーション事業所)

以前は入浴・排泄の介助等、日常生活の支援とレクリエーションがサービス内容の中心とされていましたが、体力作りやリラクゼーションに特化された施設や、認知症の方を対象とした施設(認知症対応型通所介護)も増え、特色のある施設が増えてきました。

短期間入所する

ショートステイ施設に予め決められた期間入所し、日常の世話や機能訓練等を提供する施設です。
旅行や慶弔、入院等の事情でご家族が介護出来ない時や、日頃の介護の負担の軽減を目的として利用されます。
長期化しがちな介護生活になくてはならないサービスです。
基本の利用料には、介護サービスの費用に滞在中の食費と居住費(費用は施設によって異なります)が追加されます。

◎短期入所生活介護事業所

比較的お元気な方を特別養護老人ホーム等が受け入れ、日常生活の世話やレクリエーションを提供します。

◎短期入所療養介護事業所

介護老人保健施設(老健)や療養型病床群等が受け入れ、入浴やレクリエーション等の日常生活を、医学的な管理のもとで介護を提供します。

一時的に入所する

介護老人保健施設(老健)病院や診療所に併設されていて、病状が安定している高齢者に、食事・入浴・排泄等の日常生活の支援や療養上の世話、レクリエーション・専門の職員によるリハビリテーション等を提供する施設です。
病院と在宅の中間的な役割を持ち、『可能な限り利用者が自宅での生活に戻る(在宅復帰)』ということを目標の一つとしています。

必要な介護サービスを受けながら暮らす (賃貸住宅)

サービス付き高齢者向け住宅高齢の夫婦、単身者世帯が安全に暮らすことができるよう配慮された賃貸住宅です。
「高齢者住まい法」の改正により、平成23年10月から開設が始まり、高齢者住宅の定義が一本化されました。
バリアフリー構造や、安否確認・生活相談サービス等、高齢者の毎日の暮らしをサポートする体制が義務付けられている他、長期の入院を理由に解約出来ない等、居住の安定が図られています。
サービス付き高齢者向け住宅の中には、食事の提供やデイサービス・訪問介護事業所・クリニック等の併設等、より居住者のニーズに合った住宅作りを行っている所もあります。

必要な介護サービスを受けながら暮らす (有料老人ホーム)

介護付有料老人ホーム介護が必要な高齢者に、施設の職員が24時間常駐してレクリエーションや機能訓練、日常の介護を行います。また、ケアマネジャー(生活相談員)や理学療法士・栄養士・看護師の配置が義務付けられているため、入居者個々の状態に合わせたサービスを提供することが出来ます。
賃貸形式か分譲形式かによって入居に必要な費用が大きく変わりますし、毎月の生活費も施設毎に違います。生活費の他に介護度に応じた介護保険費用が必要になります。
賃貸形式の施設は、長期入所になると退去が必要になる場合があります。
入居を検討する際には、施設の管理者や生活相談員から、入居時に必要な費用や条件に関する説明を受けることが重要です。

住宅型有料老人ホーム居室と食事の提供を行いますが、利用者と契約している外部の訪問事業所が介護・看護サービスを提供します。
介護保険の限度額を超えると自費負担になるため、重介護になった時の不安もありますが、施設に入所しながら通所施設を利用することも出来るので、自宅と殆ど変らない生活が出来ると言えるでしょう。
入居には、賃貸形式と分譲形式があり、入居時の費用や毎月の生活費も施設毎に違います。
住宅型有料老人ホームの中には、デイサービスや訪問介護事業所を併設している施設もあります。

重介護になっても、必要な介護サービスを受けながら、暮らす

basic07
身体上または精神上、著しい障害があるため、常に介護が必要な方(介護保険制度で「要介護」の認定を受けた方)を対象とし、適切な介護サービスや生活援助を行う施設です。
社会福祉法人や地方公共団体が運営し、比較的安価で入所することが出来ます。また、心身の状態が悪化して寝たきりの状態になっても退居する必要がないことから、常に待機者がいる状態が続いています。
しかし、入所は申し込み順ではなく、重介護の方や、家族の状況などにより、入所の必要性が高い方が優先されるため、入所希望者の状況によっては長期間待機が必要になるケースも多く見られます。

認知症になっても、必要な介護サービスを受けながら、暮らす

グループホーム認知症が原因で、独立した生活が出来なくなった高齢者が、五~九人のグループで共同生活を送る集団生活型の介護施設です。介護職員と入居者が、掃除・洗濯・料理等の日常生活を一緒に行なうのが特徴です。
毎日の生活を供にすることで、利用者と職員が顔なじみになり、不安を感じることなく日々を過ごす事で、認知症の進行を緩やかにし、生活に張り合いをなくした入居者が暮らしにおける自信と社会性を取り戻すことを目的としています。
グループホームは「地域密着型サービス」という位置付けになっています。そのため、原則として住民票のある自治体以外では利用できません。

14月号

最新号

  • 媒体資料
  • バックナンバー(各号別)
  • バックナンバー(項目別)
  • 特集
  • トークリレー
  • ACE CMS
  • 介護ビジネストップセミナー
  • 日本住宅介護協会
  • 九州介護協会
  • ひかり法律事務所
  • 口腔ケアチャンネル
ページ最上部へ