太宰府天満宮へ出かけよう 太宰府天満宮へ出かけよう

dazaifu_imageお正月3ヶ日で二百万人が参拝に訪れる日本屈指の神社ですので無理をせずに行きましょう。
権禰宜(神主さんに当たる方)をされている真木さんに伺ったところ、初詣はいつまでと決まっていないそうなので、暖かな日を選んで出かけてはいかがでしょう。
また、同乗者が杖や車椅子をご利用の際は、御本殿近くにたくさんの民間駐車場があります。
天満宮全体がご高齢の方に優しい作りになっています。参道はなめらかな石畳で歩きやすく、間口が広いお店が多いのも特徴です。
是非、食事や焼きたての梅ケ枝餅を頂いてください。
学問の神様として有名な道真公ですが、農耕、誠の神様という一面もあるのだそうです。道真公の『心だに誠の道にかなひなば祈らずとても神や守らん』という和歌を詠むと、西郷隆盛や坂本龍馬など、維新の志士たちが太宰府に集った気持ちが伝わってきませんか。
最後に、御本殿を彩る欄間のどこかに、鯉に乗った聖人のお姿が彫られています。ご参拝に行かれた折にはぜひ探してみて下さい。
 

太宰府天満宮

 

btn_map01 地図へ btn_map03

 

plan

万葉の里をドライブしたら、太宰府館で昼食と『梅ケ枝餅作り体験』はいかがでしょう。
昼食はケータリングが利用出来ます。
梅ケ枝餅作り体験では、梅の模様の入った鋳型で餅を焼きます。付き添いの方がいれば車椅子の方でも大丈夫との事でした。
四王寺山の焼き米ケ原からは太宰府市を一望できます。太宰府から片道15分程度の道のりです。

14月号

最新号

  • 媒体資料
  • バックナンバー(各号別)
  • バックナンバー(項目別)
  • 特集
  • トークリレー
  • ACE CMS
  • 介護ビジネストップセミナー
  • 日本住宅介護協会
  • 九州介護協会
  • ひかり法律事務所
  • 口腔ケアチャンネル
ページ最上部へ